無料体験
短期入校制度
お問い合わせはこちら

お知らせ

レアルマドリード派遣スペイン人コーチの件

レアルマドリード派遣コーチの来日が、25日夕方に決まりましたのでお知らせ致します。
翌11月26日より年内まで、千葉校にて直接指導に当たります。また、滞在期間中には、石垣校、東名古屋校への巡回トレーニングも実施致します。
レアル派遣コーチに関しましては、当初の日本滞在の予定が大幅に変更となり申し訳ありません。以下の経緯をご報告致します。
石垣校、東名古屋校にそれぞれ約3ヶ月間指導し、10月より日本常勤(労働VISAも取得済)が決定していたギジェルモ・エスクデロ・テジョ氏が左足前十字靭帯断裂という怪我を9月にしてしまいました。
9月末にマドリードに緊急帰国し、精密検査を受けました。先日マドリードで面会したのですが、快方に向かっているものの、当面の間は激しいスポーツは出来ないとのことでした。
そこで横浜校を同じく3ヶ月間指導し、千葉校の開校式にも出席したルイス・ルビアル・フェルナンデスの日本常勤要請をレアルマドリード側に正式に依頼しました。
当初の予定では、バンコクでのレアルクリニック(短期スクール)終了後、当面の派遣コーチ(ギジェルモコーチが復帰するまで)として、11月の初旬から来日出来る予定でしたが、正式な常勤要請を受け、
レアルマドリード側との契約交渉を開始したとのことです。
他国のスクールでは常勤というシステムがないため、レアル側とコーチ間の契約も新たに締結する必要があるからです。
また、日本への常勤となると、スペインの家族や家、社会保険など様々な変更が必要となるため、その諸手続きに少々時間を要するとの連絡が入りました。
このように不測の事態により10月からの千葉校の集中講義(開校時)、東名古屋校、石垣校への巡回指導の開始が遅れてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
労働ビザはこの時期、申請準備から取得まで2~3ヶ月かかるため、ルイスコーチも取得までは数週間から1ヶ月程度の滞在を繰り返すこととなりますが、準備が整い次第常勤にて安定的な指導を開始致しますので、もう少々お待ち頂ければ幸いです。
何卒ご理解のほどお願い申し上げます。