無料体験
短期入校制度
お問い合わせはこちら

代表挨拶

レアル・マドリード・ファンデーション・フットボールアカデミー東名古屋、代表の増田稿平(ますだこうへい)と申します。よろしくお願い致します。
各種新聞または当ホームページで発表させて頂きました通り、2013年7月8日にアカデミー東名古屋校を開校いたしました。これから何卒よろしくお願い申しあげます。
この間、様々なご質問、お問い合わせを頂きました。ありがとう御座います。その中でも非常に多く頂いた疑問、ご質問にこの場を借りてご説明させて頂きたいと思います。

最も多いご質問は、現在所属しているクラブチームとは何が違うのかというご質問です。

当校は、日本サッカー協会に属するクラブチームではありませんので、対外試合などを行うものではありません。
子供たちのその他のサッカー活動(クラブチーム活動など)の上に、さらなる知識や経験を上乗せする機能であり、学習塾に似た機関とお考え下さい。
所属する地元クラブチームがある場合、当校での経験を持ち帰り頂き、クラブチーム全体のレベルアップに繋がって頂ければ大変嬉しく思います。地元のクラブ、学校、他のスクールなどと共存し、地域全体のサッカーの普及、発展に貢献できれば幸いです。

また、当校はエリート育成校ではないので、これまでサッカーに触れたことのない初心者も大歓迎です。

次に多いご質問は、どのような指導方針なのかというものです。

当スクールは、レアル・マドリード・ファンデーションの長年の経験の蓄積により確立された指導メソッドに基づいて指導いたします。
サッカーに関するスキルやテクニックの伝達に加え、一流選手になるための精神的な自律、「自分で考え、自分の判断で行動すること」の大切さを、海外クラブチームならではの経験と発想で、子供たちに感じてもらうことを重視しております。
大人が教え過ぎることで、こどもたちは自分で考える力が落ち、指示を待たなければ動けなくなってしまいます。
当校の練習では、個人技のトレーニングはほぼ御座いません。瞬時に判断しなければならない環境を創り出し、自分で考え、判断し、行動する癖をつけてもらう練習を繰り返します。
これにより自律した「個」の強いプレイヤーを育てることが出来ると考えています。

また、幼少期より海外の文化や発想に触れることで、 世界を身近に感じ、思考に幅が出来ることは、その後のあらゆる分野での成長に大きな礎となるものと考えております。

最後に、レアルマドリード(ユース)等への特待制度はないかというご質問です。

当校の主目的は、優秀選手のスカウトや育成では御座いませんので、それを目的とした活動は基本的には行いません。
しかし、当アカデミーにて特に優等と認められる生徒には、本人の希望により、レアルマドリードが実施するマドリードキャンプにコーチ推薦にて参加することが出来ます。
また、参加したキャンプにて特に優等と認められた生徒は、レアルマドリードユースチームのテストを受けることが出来ます。
目的ではありませんが、夢につながる扉が存在することは確かです。

では、何かご不明な点やお問い合わせは、遠慮なく当ホームページのお問い合わせボタンからお寄せ下さい。

レアル・マドリード・ファンデーション・フットボールアカデミー 代表 増田稿平